ついてる仙人はサラッと流すけど、実際にやってみたらものすごーく大切だった7つのこと

おはようございます、ゆとり仙人です。

この記事は

私の日経225先物への投資経験の中で絶対に守るべきだったと心底思い知った7つのトレードルールご紹介したいと思い書きました。

この7つのルールは、ついてる仙人はサラッと教えてくれたり、全く教えてくれなかったりしますけど

特に日経225先物初心者にとっては「守れないならやるな!」って言っても言い過ぎでないぐらい大切なことです。

 

きっとこの記事を読んでいるあなたは

ついてる仙人と出会い、そのトレード術に感銘を受け、これから日経225先物に挑戦しようとしているか

または既に挑戦し、結果として負けていて心が折れそうになっているのではないでしょうか。

そんなあの頃の私のようなあなたが、プラス収支で終われることを祈って書きます。

1.自分だけは冷静にトレードできるなんて幻想は捨てる

自分は
自分だけは
冷静にトレードできるという考えは全くの勘違いで幻想に過ぎません。

それはいってしまえば
「訓練すればお酒を飲んでも冷静に判断できるようになる」
「経験を積めば、酷い寝不足でも100%のポテンシャルを発揮できる」

と言っているのと同じことです。

あり得ないと思いますよね。
人間である以上、当然のように無理だと思いますよね。

アルコールや寝不足に人が耐えられないことと同様に
人間である以上、冷静なトレードをするなんてことはそもそも無理です。

 

だからこそ、シナリオ売買を徹底するべきなのです。

仕掛ける「前に」 前にですよ、前に
仕掛ける前に
仕掛けた後、相場がどう動いたらどうするのかシナリオを立てておくのです。
・ロストカット額はいくらか
・利確額はいくらか
・どのぐらい経ってもヨコヨコなら一旦返済して様子をみるのか

トレードの肝のところは必ず事前に決めておくのです。冷静な頭で

 

これを守らず
オーバーナイト後の翌日の寄付き前30分に立てたシナリオとか
仕掛け後30分でロストカット額を変更するとか
そういうことを一見冷静なつもりでやるから、負けるのです。

 

臨機応変な対応はあくまで、事前に用意してきた複数のシナリオの中から選択するものであって
間違っても仕掛けた後から生み出すものではありません。

仕掛けた後であっても冷静に判断してシナリオを立てられる
シナリオを変更できるというのは幻想に過ぎないのです。

2.早期退職や専業トレーダーの夢を見ない

「早期退職したい」
「専業トレーダーとして生きていきたい」
このような、投資に過度な夢を託すのは引くに引けなくなるだけなのでやめましょう。

 

今の仕事を早く辞めたい、そのために早く結果を出したいと思うことは焦りに繋がりますし

負けた時に、お金を失ったダメージと退職できそうにないダメージの二重のショックでメンタルがボロボロになります。

 

更にメンタルボロボロの状態で起死回生の手を打とうとするので

「50万損するかもしれないけど、上手く行けばこれまでの損を帳消しにして、500万ぐらい儲かるかも」みたいな

もはやシナリオ売買でもなんでもないただの丁半博打のようなトレードに手を出すことになりかねません。(実体験)

 

専業トレーダーは気がつけばなっているものであって、目指すものではありません。

3.勝った妄想をやめて負けた妄想をする

「あの時miniを10枚買って、1枚で良いから今日まで引っ張っていれば今頃は・・・」

このような勝った妄想は100害あって1利なしなので絶対にやめましょう。

初心者がチャートに見出す規則性なんてただの結果論に過ぎず、学習効果はスライム級です。

一方、負けた妄想を真剣にやれば勝った妄想の1万倍は勉強になります。

 

負けた妄想とは

「ここで買いそうだけど、買ってたら破産してた・・・」

と思うようなポイントを過去チャートから探すことです。

 

この負けた妄想によって、「相場が簡単ではないこと」を知ることができます。(← 初心者はまずこれを知るべき。

更に、自分がいかに愚か者か知ることができます。(← どう考えても勝てると思えるチャートで驚くほど負けることが分かる。

負けた妄想は、特に相場初心者にとっては必須のトレーニング法だと思います。

ついてる仙人はわざわざ教えてくれませんが、かなり重要ですよ、これ。

4.一度決めた損切りラインは死んでも変えない

「やっぱりあと20円下がったら損切りしよう」は絶対にダメです。

ルール1でもいいましたが、損切りラインを”仕掛け後”に変更してはいけません。

 

変更することがどれだけ妥当な判断に思えてもです。

このままだと損をすると100%確信していても、その損はあえて受け入れなければなりません。

 

特に初心者の頃は、最初に決めた損切りラインピッタリで下落が止まることが”よく”あるので

「自分が考えたラインより、場合によってはもう20,30円待ったほうが良いのかも・・・?}とついつい変更したくなります

 

そして臨機応変な損切りで運悪く何度か勝ってしまうと

「損切りは市場の動きを見て臨機応変に変更した方が儲かる」

「自分にはその判断ができる」

といった具合に間違った自信をつけます。

 

そして何勝かしたところで、5分で100円動くようなボラ高の相場につかまって

あっという間に数万、数十万円の損失を出すことになります。(体験談)

5.他人の意見を参考に後からシナリオを変えない

一度決めたシナリオを”仕掛け後”に変更することは絶対にしてはいけません。

仕掛け後にシナリオを変更しようとしても、正常な判断なんて絶対にできないからです。

 

仕掛け後の脳は、アドレナリンが過剰に分泌され、また認知バイアスにより見たいものしか見えなくなっています。

このような状態の脳で、特に投資の素人が判断した場合、間違いなく判断を誤り、あっという間に大損してしまいます。(実体験

 

ですから

たとえ、ついてる仙人ブログのトレンド判断とあなたの判断が違ったとしても

たとえ、このままでは100%負けると確信があったとしても

最後まで当初のシナリオに忠実にトレードするべきです。

 

なお、シナリオを変更したくなる可能性が大なので

仕掛け後にトレードの勉強をするのはやめておいた方が無難です。

ついてる仙人のブログはもちろん

「日々メール」や「相場塾の虎の巻テキスト」も読んではいけません。

 

「仕掛け後に勉強してはいけない」とついてる仙人は一切言ってませんが

仕掛け後にシナリオ変更をしないために

相場素人であればあるほど、仕掛け後に勉強してはいけません。

6.バーチャルで半年修行すれば勝てると勘違いしない

ついてる仙人が最低半年は実取引をせず、仮想売買で訓練するように言っているからといって

半年仮想売買でプラス収支なら実際にやっても勝てる・・・わけではないので注意が必要です。

なぜなら、仮想売買でいくら勝てたとしても、実取引で勝つために必要な経験はほとんど積めないからです。

 

あなたは仮想売買と実取引で受ける精神的重圧は同じ程度だと思いますか?
そんなわけはないですね。

 

仮想売買(バーチャルトレード)で緊張する人は滅多にいません。

冷静に、損切り等のトレードルールを守って取引できて当たり前です。

一方、実際のトレードではそうはいきません。

最初は仕掛けして1分も経たないうちに不安のあまり決済してしまってもおかしくありません。

 

実際にお金を賭けて
損をするかもしれない重圧と戦いながらでなければ
自分のトレードルールを遵守する力を身に着けることはできません。

 

バーチャルは所詮バーチャルであり、本当に必要な経験は実取引の中にしかありません。

 

なお、バーチャルに関連してもう一つ注意点ですが

ついてる仙人の推奨する過去チャートを使った学習方法、これは害でしかないのでやめておきましょう。

 

本当に過去チャートで意味のある学習をするとしたら

(1)リアルタイムの表示を再現すること
既にあるチャートの右端を隠すとかだめです。テクニカルの傾きが違います。
(2)複数の時間軸のチャートを同時に表示すること
5分足だけとか、15分足だけとか見ても意味ないです。通常トレード時に複数時間軸で表示するなら、同じ条件で判断しないと意味ないです。
(3)リアルタイムで時間を流すこと
5分を10秒で流すのと、本当に5分かかるのでは精神的な重圧が全く違います。同じ負荷をかけなければ意味はありません。
(4)仕掛ける前のシナリオを真剣に作ること
実際にシナリオを立てるのと同じ時間をかけて情報収集してシナリオを作ること。

ここまでやってようやく、実際のトレードの6割ぐらいの学習効果でしょう。

ここまでやらなければ、ただ学習したつもり、分かったつもりになるだけです。

 

7.トレードルールは「テスト」してから採用する

ついてる仙人も言っているように、トレードルールは有効なルールか「テスト」してから採用するべきです。

憶測やイメージではなく、事実として勝てるルールか負けるルールか知ってから採用しなければ

大事なお金を失って相場から退場するはめになります。(実体験)

 

しかし、ついてる仙人のトレード術を検証しようとした場合

  • 複数の時間軸を総合的に判断するトレンド判断
  • 移動平均線、ストキャ、ボリンジャー、ピークボトム等のテクニカルの組合せ
  • マネーマネジメントやトレイリングストップ、分割売買といった売買テクニック

このように、さまざまな要素を含むトレードルールであるため

ついてる仙人のトレード術について、その有効性を検証をするのはほとんど不可能です。
最低でも、Excelでマクロを組んでバリバリ関数を使えるような知識がないと厳しいのではないのでしょうか。

間違っても過去チャートを目で追ったり、ついてる仙人のブログを眺めたりといったレベルの検証とも言えないようなお粗末なもので、有用性を確認出来たような気にならないように注意しましょう。(実体験)

 

まとめ

 

いかかでしたか?

この記事では、かつてついてる仙人を信じつつ、日経225で大失敗した私の経験から導き出した超大切な7つのルールをお伝えしました。

 

 

私はバカでアホな日経225初心者だったので、こんなことも分からず、ついてる仙人がちゃんと私でも分かるように念押ししてくれていればなぁと思って、逆恨み200%でこんな記事を書きましたが・・・

こんなの当たり前のことだよねって思われた方はこんなブログ読んでないで、さっさとナイトセッションででも稼いでくると良いと思います。

 

逆にこの記事がものすごく参考になったあなた、それはそれでハッキリいってヤバイです。あの頃の私ぐらいヤバイです。

恐らく他にも・・・こういった「よく考えれば分かる大切なことシリーズ」を気付いていない可能性が高いと思います。(私がそうでしたので)

 

私が愛用しているライブトレード225公式サイトは胡散臭いですが、我々のような察しの悪い日経225トレーダーにはもってこいのサービスです。

2年以上使っている私が良い点悪い点まとめて詳細レビューをしています。ライブトレード225を現役会員が徹底評価、イチオシの特典とは?

関連記事(合わせて読まれている記事はこれ)

【ついてる仙人関係】

ついてる仙人の本人写真
ついてる仙人は日経225先物トレーダーの間で カリスマ的な人気を誇っています。 2大ブログランキングサービスでも日経225先物のジャンル
ついてる仙人のトレード術の根幹はトレンド判断とピークボトムですが 実はこれ、ついてる仙人独自の考え方で、仙人の経験則に過ぎないので気をつけましょう。 株
ついてる仙人の相場塾の最適入塾期間は1ヶ月単位です。 ですから、本当なら、思っていたのと違ったり、大して魅力を感じないようなら、最初の1ヶ月で辞めることができます。

 

【日経225初心者関係】

できるビジネスマン3
私は気付いていませんでした(あなたは?) 日経225先物取引(日経平均先物取引、日経225先物、日経平均先物)を これからやってみようと考えて 早
1.各証券会社ごとの証拠金比較 掲載している価格は、2017年8月6日現在の、日経225mini1枚あたりの必要証拠金です。ラージはこの10倍 ※同日の日経225先物1枚あた
ゆとり仙人のブログでは証券会社は一切紹介していません。 「日経225トレードおすすめ証券会社ベスト3」 みたいな記事はないですし 日経225ブログ

 

【ライブトレード225関係】

この記事では、相場塾のライバルと言っても過言でないほど強力なツールなのに 日経225先物投資教材の業界において悲しいほど知名度のない隠れ優良商品

 

ゆとり仙人ゆとり仙人

どれも日経225初心者にとって必見の内容となっています。

>>> ゆとり仙人愛用のライブトレード225徹底レビューはこちら
>>> ライブトレード225の公式サイトはこちら