di_img_5783_tp_v-1

ついてる仙人のトレード術の根幹はトレンド判断とピークボトムですが

実はこれ、ついてる仙人独自の考え方で、仙人の経験則に過ぎないので気をつけましょう。

 

株、FX、日経225に使えるトレードにおける一般論、常識、摂理のような体でついてる仙人が語るのでついついそういうものなんだと思いがちですが

統計的には何の根拠もありません。

ついてる仙人のトレード論をおさらい

ついてる仙人のトレード論の根本は
相場の原理原則に沿ってトレードすることです。

そしてついてる仙人のいう相場の原理原則とは
上昇トレンドでは買いしかしない
下降トレンドでは売りしかしないことです。

この原理原則を守らないから相場で損失を出すことになるのです。

明確な判断ができないトレーダーは、上昇トレンドなのに2番天井だと言って空売りをしたり

下降トレンドなのに突っ込み買いだと言って買いに入ったりするから損失を膨らますのです。

 

ついてる仙人のトレンド理論の問題点

この理論の根本的な問題は、トレンド判断とは結果論に過ぎないことにあります。

確かに上昇トレンドなのか、はたまた下降トレンドなのか、分かれば勝つのは簡単でしょうが
そんなものは後になって始めて分かることです。

いまこの瞬間は上昇なのか、下落なのか、はたまたトレンドレスなのかは
後にならないと絶対に分かりません。

 

でも、ついてる仙人はトレンド判断は有効だと言っている?

でも、ついてる仙人はトレンド判断の理論や有効性について実証している?

 

本当にそうでしょうか?
ついてる仙人がトレンド判断についてどう説明しているか
あなたは一度でも疑いの目をもって確認したことはありますか?

実際になんと書いてあるのか引用してみましょう。

 

まずトレンド判断についてなんと書いてあるか

トレンド判断をするためには誰が見てもわかるルールが必要です。

人によって判断が変わってしまっては意味がありません。
男の人が見ても女の人が見ても同じ判断ができる。20歳の人が見ても80歳の人が見ても同じ判断ができる。

このようなものでなければ使うことができないのです。

次にピークボトム(高値安値を使ったトレンド判断)についてなんと書いてあるか

株価の動きを使ったトレンド判断では高値と安値をルールに基づき算出し、その高値と安値の位置関係でトレンドの判断をするのです。

これは誰もが同じ判断をするために重要なことです。

 

この文章を読んで、なるほど!すばらしい!さすがついてる仙人!と思う人間はかなり頭がやられているように思います。

何言ってんだコイツ? と思ったあなた、あなたの感想は至極真っ当です。

例えばこれが

トレンド判断においては私は3つの判断基準に基づき、上昇、下降、トレンドレスを判断しています。
これは私の経験上有効性があると確信した基準で~~
過去20年のチャートを検証したところ~~

という説明ならまだ理解できますが、ついてる仙人の説明はそうではないですね。

上記の引用文はこう補足説明すると分かりやすくなります。

 

トレンド判断について補足

トレンド判断をするためには(私のトレードノウハウを人に説明する上で私が説明し辛いので)

誰が見てもわかる(私が独自に決めた私は有効だと考えている)ルールが必要です。

人によって判断が変わってしまっては(私の説明に説得力が生まれないので)意味がありません。

男の人が見ても女の人が見ても同じ判断ができる。20歳の人が見ても80歳の人が見ても同じ判断ができる。

このようなものでなければ(私のトレードノウハウを優れたトレードノウハウとして宣伝することに)使うことができないのです。

 

ピークボトム(高値安値を使ったトレンド判断)について補足

(私が独自に決めたトレンド判断基準の一つである)株価の動きを使ったトレンド判断では

高値と安値をルールに基づき算出し、その高値と安値の位置関係でトレンドの判断をする(のが良いと私が決めている)のです。

これは誰もが同じ判断をするために(私のノウハウを分かりやすく、効果的で、魅力的なもの魅せるために)重要なことです。

 

もしついてる仙人級プロトレーダーの「実況中継」が見れるとしたら?

あなたはどっち派?相場塾に7つの点で勝る超強力なライバルを紹介
01-02


 

・・・ちなみに

ゆとり仙人はこのツールをライブトレード225と組み合わせて使っています。

→Valueの詳細と当ブログ限定特典付きライブトレード225購入リンクはこちらのサイトへ